12月のマシュマロ回答

併せてお読みください→引用に関する方針

2020年12月12日

こんにちは、マシュマロありがとうございます!
長くなってしまいますがお返事させてください。

>昨年このジャンル専用のアカウントを開設したとき、はさめこさんのイラストを拝見しました。(確かカイ・侑斗・R良太郎がわちゃわちゃしていたイラストだったと思います。) この作品を拝見し、今でもこの作品を好きでいてくれている方がいらっしゃるんだという嬉しい気持ちと同時にカイの存在を改めて確認することもできました。

一番最初に投稿したやつじゃないですか…そんな頃からお付き合い下さっているんですね。あれは2009年くらいに描いた絵のリメイクでした。自分が思い出す限りでは、まともに描いた最後の絵だった気がするんです。なのでそれから始めたいなと思って描きました。

>というのもリアタイしていた当時(小学生でした)彼に対してあまり良い印象を持っていませんでした。(彼のどこか掴めない雰囲気や少し怖い表情などがテレビ画面から伝わってきて当時は怖いな、これ以上良太郎たちの邪魔をしないでほしいなと本気で思うくらいでした。今思うとちょっとイタイですね…。)

マロ主さんのカイの思い出、聞かせてもらえて嬉しいです。小林先生の脚本に記されたカイをどんな人物として表現するのか、初登場回を担当した田崎監督や演じた石黒さんもかなり苦労したとインタビューで語られていますね。マロ主さんが子供の時に感じた印象は、石黒さんが狙ったものにかなり近いのではないでしょうか。

やっぱり敵役なので、もっと良太郎や侑斗を脅かす存在でありたいですね。(中略)見てる子供たちに『嫌い』って言われるようになれたらいいですね

–柴山明子「石黒英雄 インタビュー」、『ヒーローヴィジョン28』、2007年11月、P21。

自分としては、子供たちには良太郎を一生懸命応援してもらいたいですから

–金沢文子/阿部美香「巻頭クライマックス特集 仮面ライダー電王」、『CAST-PRIX PREMIUM』、2008年1月、P19。

あれはかなりベタな笑い方だと思いますよ。やっぱり見ているお子さんには、ひと目で悪いヤツだって分かってほしいですから。

自分としてはカイには堕ちるところまで堕ちてもらって、もっと良太郎や侑斗を応援したくなるようなキャラクターになればと思っています。

–鳥本真也「仮面ライダー電王」、『特撮ニュータイプ』、2008年1月、PP18–19。

放送期間中に受けられた取材では繰り返しこのようにお話しされています。マロ主さんの思い出とも共通する部分があるように感じますし、イタくなんか全くないと思います。そういうふうにカイを怖がって嫌った子供たちって、石黒さんに大切にされた子供たちとも言えると思うんです。その体験を否定しないで、忘れないで欲しいです。

私は初めてカイを見た時にそんなふうに思いませんでしたから、どれだけ望んでも永遠に体験できないことなのでマロ主さんがちょっと羨ましいですね。

>カイのことを注目するようになったり、魅力的だと感じるようになったりしたのは自分が大人になり視野が広がったのもあるかもしれません。ですが、はさめこさんの描くとても素敵で愛の込もったカイを見つけたこともきっかけのひとつでした。広いSNSで出会えてとても嬉しく思います。

恐縮なことに、これに近い感想やメッセージを他の方からも頂いたことがあります。私の描いたものを見てくれて、気持ちを言葉にして送ってくれるなんて、身に余る思いです。それに対する感謝の気持ちは間違いなくありますが、石黒さんに大切にされたはずの子供だった方々に私がそんな作用をもたらして喜んでいいものなのか…。

ツイッターを始めた初期の頃は、カイが普通に良太郎たちと一緒にいる絵をよく描いてましたね。実際はそんな場面ないですし、お話をそう展開して欲しかったわけでもないのに。そんなことをよく考えるようになり、物語の文脈と切り離して幸せそうにしているカイを今年はあまり描かなかったように思います。

何年か前にカイが良太郎たちと同じ未来を生きている絵や漫画を描かれていた方がいて、ちょうど去年の今頃に、その方がTwitterでお話ししてくださったんです。びっくりしながら以前みた絵や漫画の感想をお伝えしたところ「結局カイの未来を潰して電王のルートに適合させてるあたり皮肉な願いなのかとたまに思案するけれど、存在しているカイの未来が見たくて」というお返事をいただきました。

ちょうど自分が幸せなカイを描くことにモヤモヤしていた頃にそのお返事を読んで、こんなふうにカイに対してどんな気持ちを持っているのか自覚することが自分には足りていないんじゃないか?と思いました。1月10日や全衣装パターン、D良太郎、桜井さんの手中などの絵をそういう思いから描きました。自分が作品の中で注目したいと思った部分をよく考えることができたので、その点で満足感があります。

個人的にはそんな変化があった一年でしたが、ずっと見て頂いている(?)マロ主さんにも変わらずお楽しみ頂けましたでしょうか。今やっていることも愛が込もっているように感じ取ってもらえてるのか、何か伝えられているのか気になってしまいますが、それはあくまで私の目を通して見たものなので、何よりも、子供の頃に思ったこと新しく気づいたこと、マロ主さん自身がカイについてどんなふうに心動かされたのかをいちばん大切にしてくださるといいなと思います。

正直なところ、モヤモヤする気持ちはまだ解消されていないので、ネットにあげる内容や場所、方法を自分なりに精査して納得できる選択肢を選んでいきたいと思っています。自分がカイについて何を思っているのか、ある程度の結論が得られるところまでは続けたいです。

>長々と書いてしまいましたがこの気持ちを伝えたくマシュマロしました。長文失礼致しました。寒い日が連日続く時期となって参りました。どうか体調に気をつけてお過ごしくださいませ。

返事を温めた割に、取り留めのないお返事ですみません。これまでもそうですが、マロ主さん方へのお返事を口実に喋りたいことを喋らせてもらっている感じがします。自分が漠然と考えていることをきちんと分解して言語化するきっかけにさせて頂いているというか…。整理しながらあっち足しこっち消ししてるせいでよくわからない文章になってる気がしてなりませんが。

冬至も過ぎて、冬本番ですね。私はそろそろお休みに入るので、何か更新できればと準備しております。またお付き合い頂けたら嬉しいです。